駐車場を借りる場合に注意するべきこと

車を購入する時には駐車場を借りておかないといけません。

立体駐車場の基礎知識をご説明をしたいと思います。

そこで、車を買うと決めた場合は予め駐車場を確保しておく必要がありますが、どのような駐車場を選んだらいいでしょうか。


一つは家から近い場所です。
できれば家の隣にある場合はそこを借りるのが一番ですが、そのような環境にない場合には家から半径100メートルの範囲で借りるのが雨が降っている時や緊急の時を考えると理想的だと言えます。

駐車場の料金についてはどうでしょうか。



料金についてはその土地によって全く異なります。地方だとひと月5000円程度で借りることができるところもあれば、都内で30000円以上するところもあります。安いところを借りるのは大事ですが、普通はどこも適正な相場に基づいて月極め料金を決めているため、1000円以内の格差はあるにせよ、格安のところがある可能性はあまり期待できません。

では、路面はどのタイプがいいでしょうか。
これに関しては砂利の場合とコンクリートの場合そしてアスファルトの場合があります。砂利の場合はコンクリートやアスファルトに比べて安く仕上げているため、やや駐車場代が安いかもしれませんが、路面が凸凹ので見た目もよくありません。ただ、特にこだわりが無ければねらい目です。

これに対してコンクリートとアスファルトは硬いというイメージで似ていますが、費用はコンクリートのほうがかかっていますし、頑丈なため人気がありますが、排水溝が無ければ雨の次の日は水はけが悪く水たまりができやすいのです。
一方、アスファルトは、水はけがいいのが利点ですが、表面が黒いため夏場は太陽の熱を吸収し熱くなりやすく、駐車中の車の車内も暑くなりやすい傾向があるのです。