介護給付金をファクタリングで利用しての事業拡大

介護保険制度では、利用車の自己負担部分以外を介護給付金として受けとるような制度設計になっています。
介護給付金の請求及び受給までには時間がかかります。

通常は1ヶ月半から2ヶ月程度ですが、利用者の被保険者番号の記載ミスなどがあると、再提出をしなければならず、結果として受けとる日にちがずれていきます。
ただ、それでも最終的には正しい請求が行われることで、介護給付金は受け取れます。


この後日受け取る権利を利用したもので介護保険の事業拡大を行うことがよくあります。


介護給付金を元手にした貸し付けを受けるファクタリングです。
このファクタリングでは、貸し付ける側にとってはほぼ確実に回収が見込めるものであり、また借りる側にとっても介護保険事業の拡大のための資金調達に欠かせないものとなっています。

ファクタリングに関する情報をまとめました。

すなわち、貸す側も借りる側も双方にとってメリットがあるものがファクタリングというわけです。

今までは高齢者の増加と平均寿命が延びたことも手伝って、介護保険制度の利用者が増加傾向にありました。

YOMIURI ONLINEの情報をご案内しているサイトです。

したがって、事業の拡大を行っても元手が回収しやすかったわけです。



ここにきて制度の変更がなされ、要支援者への訪問介護が出来なくなったりあるいは要介護3以上でないと特別養護老人ホームに入居出来なくなったりといった具合に、利用がし辛くなってきている状況です。このような中でも介護保険制度における事業拡大が上手くいくのかどうか、貸す側の審査が厳しくなるのは明白と言えます。