自立支援給付費債権ファクタリングのメリットとは

障碍者総合支援事業の1つに自立支援給付があり、事業所や施設は、自立支援給付費債権としてファクタリングをすることで、よりスムースな運営が可能となります。

ファクタリング情報を、皆様へ配信するサイトです。

自立支援給付は、仕組みとしては、まず、利用者は市区町村に支給申請をし、支給の決定が行われます。

利用者は事業所・施設と利用契約を結ぶことでサービスの提供を受け、事業所・施設はその対価として国保連合会に給付費の請求を行います。

国保連合会では市区町村に給付額の請求をすることになり、その後、市区町村から支払事務委託を受けることで、事業所・施設に給付費の支払が行われます。

毎日新聞をご紹介します。

ファクタリングは、ここでの給付金を自立支援給付費債権とすることで行われ、迅速な現金化が可能となります。

自立支援給付費債権は、請求から受給までタイムラグが生じることになり、特に、事業開始直後などでは資金難に陥るリスクが高くなります。



ファクタリングの最大のメリットは、ここでの時間差を解消することができるためにスピーディーな資金繰りを行える点があります。資金調達の場合には、例えば、担保等がある場合には金融機関を利用する方法もありますが、無い場合や債務超過となっているケースでは融資を受けることが難しくなり、仮に可能性があるとしても稟議が通るのに時間がかかることになります。
ファクタリングではここでも問題を解消することができ、資金繰りに窮していない場合でも、行うことによって資金力に余裕を持たせることが可能となります。