介護給付金、ファクタリングの基本的な情報について

main-img

介護給付金とは、介護保険の保険者から介護施設などの事業者に支払われる給付金のことです。

人気上昇中の介護ファクタリングの最新情報を紹介しています。

日本では40歳になると公的介護保険に加入する必要が発生します。

幅広い分野の視点からビジネスジャーナルに関する疑問にお答えします。

そしてもし、何らかの病気や、あるいは老化現象により、介護や支援を受けなければ日常生活を送るのが難しいと言うような状態になった時には、然るべき審査を受けることで、介護サービスを受けることができます。ですがその際に発生した料金を全額、負担する必要はなく、この9割は介護保険によって補助されます。

一方、サービスを提供した側、介護事業者は、一定期間内に介護保険の保険者に対して、利用者が支払わなかった9割の部分の支払いを請求する必要があります。



その請求によって支払われるのが、介護給付金と言うことです。しかし請求をしてから介護給付金が支払われるまでには、2か月の時間を要します。

つまりその間は、未払い部分の9割は売掛金として残ってしまっていると言うことです。そこでこの売掛金を一定のパーセンテイジの価格で買取り、介護事業所に買い取った分のお金を支払うと言うのがファクタリングの仕組みです。ファクタリングを利用することで、介護給付金が支払われるよりも早くに、その部分に該当する収益の何割かを手に入れることができると言うことです。
またファクタリングは、あくまでも将来の収益を先取りすると言う制度であるため、融資などとは異なり返済義務がないシステムでもあります。

そのため介護事業者においては、利用されることも多いシステムです。

技術についての考察

subpage1

介護保険制度では、利用車の自己負担部分以外を介護給付金として受けとるような制度設計になっています。介護給付金の請求及び受給までには時間がかかります。...

more

納得の知識

subpage2

介護事業等を営んでいると設備費用等で、何かと資金が必要になってくるものです。特に介護事業を立ち上げた当初の頃は、実績も信用もなく、金融機関等の融資を受けるにしても、思うように資金調達をしていくのも難しいのが実情です。...

more

いまどきの技術

subpage3

障碍者総合支援事業の1つに自立支援給付があり、事業所や施設は、自立支援給付費債権としてファクタリングをすることで、よりスムースな運営が可能となります。自立支援給付は、仕組みとしては、まず、利用者は市区町村に支給申請をし、支給の決定が行われます。...

more

ためになる技術

subpage4

自立支援給付費債権のファクタリングは、業者選びをしっかりとしておかないと、大変なことになってしまう可能性があります。自立支援給付費債権は、3ヵ月後にはほぼ確実に回収できるお金です。...

more